一人暮らしで寂しい、彼氏が欲しい女子に読んでほしい本5冊

1人暮らし 彼氏欲しい

一人暮らしで彼氏欲しい、と思っている女子におすすめの本5冊をセレクトしてみました。

特に、彼氏が欲しくてもなかなかできない女子は、恋愛に関する本を読んで恋のテクニックを磨きましょう。

また、好きな男性の胃袋をつかむためには、料理上手にもなっておく必要がありますね。

そこで、料理の基本から学べる本や両親に感謝の気持ちが湧いてくる本などについて、あなたにここでお伝えしましょう。

興味があるなら、ぜひ読んでみることをおすすめします。

<「新装版 ずっと彼氏がいないあなたへ」 岩月謙司>
好きな男性がいても、なかなか恋愛に発展しないという女子におすすめなのがこの本です。

好きな人にアタックする前に「自分なんて」とあきらめてしまっていませんか?また、「私なんか」と考えて自分に自信をなくしてしまっていませんか?

この本では、あなたが大好きな男性への告白の仕方や恋愛する時の気持ちの持ち方などが書かれています。

いろんな意味で、あまり恋愛経験のない女子にも役に立つ本です。

なかなか彼氏ができない女の子でも、この本を読めばきっと自信が湧いてきますよ。

心の持ち方を変えるだけで、グッと恋が成就する確率は高くなります。

<「大好きな彼を必ず手に入れる 恋愛の極意」 志摩純一>
この本を読んだ女性は、大好きな彼と両想いになれるだけでなく、一生彼から求められて大切にされる幸せな女性になれるのだそうです。

それなら、だまされたと思って一度読んでおきたいものですね。

女性の知らない男性の心理をこっそり教えてくれる本ですから、彼の心の中を覗き見しているような気分になることもできます。

男性から性的に飽きられないためにはどうすればよいか、などの情報も掲載されており、著者が男性であるだけに説得力があります。

彼に浮気されないように、ずっと愛され続ける女性であることは女性にとって永遠のテーマの一つです。

その極意が分かれば、女性にとってはとても助かりますよね。

この本を読めば、そんな魔法のような方法や彼の心理などが明白になります。

好きな彼の気持ちをつかみ続けたい女性には、ぜひおすすめの本です。

<「脱・ダメ恋愛」 ゴマブッ子>
男性に嫌がられる、逃げられるようなダメな女性から脱出しようという本です。

たとえば、「干物女」や「追いかける恋が好きな女」などの具体的な例がずっと載っています。

自分も実はその中の一つに当てはまっているという女性はわりと多いかもしれません。

恋愛という分野は、なかなか他人からは教わりにくいため、勉強しにくいという難点があります。

しかし、この本を読めば、あまり恋愛経験がない女子でも、具体的に例を挙げて説明されていますから恋愛テクニックを理解しやすいでしょう。

読み物としても面白く書かれていますから、漫画を読むような気分で手に取りやすい楽しめる本でもあります。

<「世界でいちばんやさしい料理教室」 ベターホーム協会>
一人暮らしで彼氏欲しい、と思っている女性は、ぜひ暇な時に料理の腕を磨くのをおすすめします。

男性の胃袋をしっかりつかめる女性は、幸せになりやすいとよく言われますよね。

そこで、料理の基礎からしっかりと学べるこの本を読んで実践して、自然と料理上手になれるように努力しておきましょう。

普通のレシピ本には載っていないような料理の基礎知識も書かれているので、今まで料理をしたことのないような女子にとっても勉強になります。

美味しい食事を作れるようになれば、一人暮らしの女子にとってもすごく助かりますよね。

それだけでも、読んで活用してみる価値はありますよ。

<「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキー>
あなたは、今まで育ててくれた両親や家族に対して、感謝の思いを持ったことがありますか?この本は、面白いエッセイなどでもお馴染みのリリー・フランキーさんが書いた自伝的な小説です。

彼は、もともと北九州の小倉出身なのだそうです。

実は、お母さんが大好きなリリー・フランキーさんは、東京で母親と一緒に暮らしていたのだそうです。

最終的に、病気になって亡くなってしまう母親に対する彼の思いなどがずっと綴られています。

もちろん、彼のお父さんも時々登場してきていますよ。

母親の大変さは、一人暮らしをして自分で家事などをしてみると、よく分かりますよね。

父親の大変さも、自分が社会に出て働くようになれば、とてもよく分かるでしょう。

この本を読めば、あなたも両親に対して感謝の気持ちが湧きあがってくるのではないでしょうか?

一人暮らしをすれば、やっぱり母親のする家事の大変さなどが身にしみて分かりますよね。

三度の食事も、いつも当たり前のように母親が作ってくれますが、それも一苦労であることがよく分かるでしょう。

恋愛本もいいけれど、料理本でレシピについて勉強したり、両親への感謝を言葉にして伝えるのも大切なことです。

ぜひ、あなたもそれを実践してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です