彼氏欲しい ブス(容姿)なんか関係ない!大事なのは外見より内面

彼氏欲しい ブス

彼氏欲しいけど、ブスだから絶対無理!と最初から決めつけるのは早いです。

世の中には美人ではないのに彼氏がいたり結婚している人も大勢いますが、「自分には無理』と思い込んではいないでしょうか?

実は、真剣な恋や結婚においてはルックスの良さは言われているほどアドバンテージではありません。

美人かブスかに関係なく、女性らしい魅力はいくらでも磨けるし、男性もそんな内面に惹かれて本命に決める人も沢山いるのです。

モテないのはブスのせいではない?

美人じゃないから男性との縁がないのはもっともらしいことを理由に、恋愛に消極的なのではないでしょうか。

しかし、美人でも自分から恋愛する気がない、あるいは内面がモテないタイプだから彼氏がいないのと同じことで、一番の原因は自信の無さによる消極性なんです。

このことに気がつければ、不細工であるのを言い訳に恋愛から逃げる理由もなくなります。

後は行動あるのみで、自分にとって顔以外に何が武器にできるかを知り、ルックスに関係なくモテる自分へと返信しましょう。

愛嬌は最大の武器になる!

家庭的な趣味や特技、女の子らしいファッションなど男性にアピールできる点は多々ありますが、最も肝心なのは男性と接している時の振る舞い、全体的な雰囲気です。

ルックスを問わず女の子が最大の武器として使えるのは、「愛嬌のある笑顔や態度」なんです。

恋愛でも一緒にいて和んだり楽しい気分になる人が一番モテるので、それさえ押さえていれば顔の良し悪しはそんなに大した問題じゃありません。

もちろん、好きな人や男性にだけ愛想よく振る舞うのではなく、誰に対しても笑顔でいるのは大切です。

男性も女性の表と裏を見ている人は結構見ているので、表面的な振る舞いだけでなく、内面からの美人を目指さないといけないのです。
料理などアピールできる特技が見つからなくても、振る舞いを変えることはちょっと頑張れば誰にでもできます。

少しずつ男性に慣れていこう

男性と仲良くなるのに慣れていない女性だと、最初は会話するだけでも緊張すると思います。

一朝一夕で苦手意識や恥ずかしさを克服するのは困難なので、場数をこなして少しずつ男性とのコミュニケーションに慣れていきましょう。

会話だけなら、恋愛がらみで傷つくこともありませんし、大半の男性は常識があり優しい人なのでブスだからといって邪険にはしません。

とにかく話してみなければ友人になることすら難しいので、最初は友達つくりの感覚で気楽に接してみましょう。

欠点が長所になることも

ブスの基準は一口には言い切れないほどさまざまで、本来は魅力としてアピールできるポイントを自分で欠点で思い込んでいる場合もあります。

たとえばちょっと太めの体型の女性なら、「デブだから」と自分を卑下してしまいがちです。

でも、一般的にデブと言われる基準は男女でかなり開きがある点に着目してください。

女性が理想と知るのはモデルのようなスレンダー体型が一般的ですが、男性はやや肉感のある体型のほうを好みます。

自分では太りすぎと思っていても、男性にとっては理想的な体型である場合もありえるのです。

なかにはぽっちゃり好きを宣言している男性も要るので、俗にいう美人の基準に当てはまらなくても、自分ならではの美点に目を向けて自身を持ちましょう。

愛があれば容姿は二の次?

世の中にはルックス第一を掲げる人がいるのも事実ですが、どうしても見た目が合わない人でない限り、平均かそれ以下でも長く付き合うほど不思議と愛情が感じられるものです。

真面目な恋愛や結婚では、知り合うきっかけとしては多少不利かもしれませんが、じっくり付き合いを深めていけば容姿を超えて心から愛し合える関係にたどり着けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です