彼氏欲しいけどモテない..モテる女になる為にはどうしたらいいの?

彼氏欲しい モテない

容姿や年齢、性格に関係なく、女性にはモテる人とモテない人がはっきりと分かれています。

可愛くて友人の間ではいい子と評判なのに、彼氏の影が見えない子も、たまに見かけますね。

男性目線から見て女性として魅力的に見えるか、意識しているかどうかで、モテるモテないが左右されています。

「彼氏欲しい」と思うばかりではモテる女にはなれません。女の子目線では気が付きにくいポイントもいくつかあるので、さっそくモテる女に変身する方法を紹介していきます。

ほめ上手になろう

男性のいいところを素直に認めて、気分良くほめてくれる女の子はとてもモテます。

一緒にいる相手を居心地よくさせる心がけを忘れないのは、モテへの第一歩であり必須の条件ですね。

とりあえず褒めたり持ち上げたりしていればいいといういい加減な気持ちでは、相手に気づかれると逆効果です。

お世辞だけの嫌な女と思われないためには、具体的に心から素敵と思えるポイントをはっきりと口に出して、褒めてあげましょう。

自分のことを話すより聞き役でいよう

おしゃべり好きの女性の中には、男性と話していると相手の口を挟む余地がなく、自分の話ばかりになってしまう人もいます。

人に話を聞いてもらうのはとても満足感がありますが、自分ばかりが気分のいい思いをしているのは良くありません。

話を聞いて欲しいと思っているのは相手の男性も同じ気持なので、相手の言うことにもきちんと耳を傾けましょう。

会話に夢中になっているとしゃべりすぎているのに気がつきにくいので、基本は聞き役でいるのを念頭に意識してみてください。

理想を押し付けず、男性の欠点も許そう

理想ばかりが先行して、付き合う前からあれこれと条件にうるさい女性は敬遠されてもおかしくないですね。

よほどひどくない限りは、少しくらいの欠点も認められる度量の広さは、モテる女の子にも共通しているポイントです。

多少の欠点でも、付き合っていくうちに愛着が湧いたり、個性として捉えれば面白く感じられることもあるでしょう。

多くの問題はいずれ愛情でカバーされるので、最初から欠点を欠点として捉えずに、おおらかに受け止めましょう。

僻みや妬みの感情に振り回されない

モテない女性はモテている同性に対して、「なんであの子だけ」「私のほうが可愛いのに」と妬みや僻みなどのマイナス感情を持っていることも珍しくありません。

人としてはそのような気持ちを抱いてしまうのは避けられませんが、少なくとも表面上は負の感情を出さないように気をつけないといけません。

自分自身を好きになり、心に余裕を持っていれば、自然とマイナス感情も感じにくくなります。

やたらと人と自分を比較せず、「私はわたし」と前向きでいる女の子のほうが、同性異性を問わず人気があります。

流行に惑わされず、自分の個性を大事にしよう

モテない人は、いわゆる「モテるテクニック」などの情報に敏感で、ちょっとでも効果がありそうと思えば何でも試したがる傾向があります。

ですが、テクニック頼りになりすぎると自分本来の魅力が押し殺されたり、気持ちのこもっていないアプローチになったりする落とし穴もあります。

流行のファッションやメイクを身に着けても、自分にしっくり馴染んでいなければ、かえって不自然です。

一朝一夕のテクニックでは本当の魅力は手に入りません。

本当に自分にピッタリ合う個性は何か?を一からじっくり研究してみましょう。

適度にスキンシップをとろう

男性の殆どは、女性からのボディタッチのような軽いスキンシップをされて嬉しく思わないはずがありません。

「あなたのことが気になる」という意識がダイレクトに伝わり、相手をドキドキさせるには最高クラスのテクニックと言えます。

ただし、過度なボディタッチのし過ぎは軽薄な女の子と思われやすいので、小出しに留めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です