彼氏欲しいなら必至過ぎるアピールはNGって本当?

彼氏欲しい 必死

「彼氏欲しい!」と思って必死に努力していても、不思議と恋人ができない、といった女性がいませんか?

かと思えば、特に美人という訳でもないのに彼氏が途切れないといった女性もいます。

どうしてそのような違いがあるのでしょうか。今回は彼氏が欲しい女性に、さりげなくアピールする方法を紹介します。

必死すぎるアピールはイタイ?

彼氏欲しい女性の中には、あまりに必死すぎて「イタイ」と男性から引かれている可能性があります。

もちろん彼氏を見つけるために、イベントに参加したり自分磨きをすることは大切です。ですがそういったときでも、大っぴらに「彼氏欲しいんですよ〜」といったアピールはやめましょう。

何故かというと、あまりにもガツガツした印象が、「草食系」と言われる昨今の男性には少々こわいものを感じてしまっているようです。

彼氏が欲しいときでも、少なくとも口に出して「彼氏欲しい」といった事は言わずに、上手に男性に誘わせるような言い方をしてみませんか?

男性から誘わせるテクニックとは?

内気だったり内向的な男性は、女性がいくらアピールしたとしても、なかなか自分から誘ってはくれません。

女性としては少々ふがいない部分もありますが、ここは女性の力で、さりげなくアピールして男性から誘う言葉を言わせるようにしましょう。

1.指輪をつけない

おしゃれな指輪がたくさんあって、つい何も考えずに薬指につけてしまってはいませんか?

「彼氏いるの?」と直球で聞くことができないシャイな男性は、女性の薬指を確認して彼氏の有無を判断します。

指輪は外しておくか、せめて薬指はさけてつけるようにしましょう。

2.「彼氏欲しいなあ」から「恋したいなあ」へ

「彼氏欲しいなあ」はやめて、「恋したいなあ」といった口調に変えましょう。

「彼氏欲しいなあ」ですと、「暇つぶし?」「男好きなのかな」といった軽薄な印象ですが、「恋したいなあ」ですと可愛らしい印象になりませんか?

同じような内容ですが、どうせなら可愛い印象の方が、女性としては嬉しいですよね。

3.礼儀作法で女性らしさをアピール

食事の時に口を開けて食べたり、ものを入れたままお喋りをしたりしていませんか?

汚い言葉を平気で使ったり、だらしない歩き方をしていませんか?男性はそういった細かい所を意外と見ています。

本格的な食事のマナーも必要があれば大切ですが、基本的にはおいしそうに食べて食事を楽しみ、男性が代金を出してくれたのなら丁寧に「ごちそうさまでした」を言いましょう。

どんなに彼氏が欲しくて外見を着飾ったとしても、そういった礼儀がきちんとできていないと、男性が誘ったりする事はありません。

4.「ご趣味は?」

お見合いで定番の質問とされる「趣味は?」ですが、なにか自信を持って言えるような趣味はありますか?「別に何もない」では話が続かなくなってしまいますし、面白くない女性だな、と思われてしまいます。

特に趣味がない人は料理を始めてみませんか?ベタと思われるかもしれませんが、趣味と実益を兼ねた女性王道の趣味ではないでしょうか。

「料理を作っても、食べてくれる人がいなくて…」とさりげなくアピールすれば「彼氏いないんだな」と男性も察してくれますよね。

また最近では、男女の出会いの場として料理教室が開催されている所もあります。料理を学んで彼氏を探せるなんて、一石二鳥の趣味ですよね。

5.優しい笑顔を心がけましょう

ブスッとした人よりも、いつもにこにこ笑顔でいた方が人も幸せも集まりやすくなります。

口角を上げて、優しい笑顔を保つように心がけましょう。そしてきちんと挨拶をすると、あなたの印象はグッと良くなり、男性からも魅力的に写ります。

また濃すぎるメイクやネイルは派手な印象を与えてしまい、敬遠してしまう男性もいます。

メイクなどはナチュラルカラーを上手に使って、柔らかなイメージを持ってもらえるようにしましょう。

まとめ

彼氏欲しいと思っている女性へ、男性から誘ってもらえるアピールの仕方を紹介しましたが、いかがでしたか?

さりげなくアピールして、男性から好印象を持たれる女性を目指して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です