彼氏欲しい女子が飲み会で気を付けたい行動3つ

彼氏欲しい 飲み会

流行のSNSでの交流イベントに参加してみたら、男性のレベルもいい感じで、自分としてはかなり盛り上がったつもり。

ときめくような出会いがあって、連絡先を交換するだけじゃなくて、二軒目まで行っちゃった。

しかもその後は、出会ったばかりなのに二人っきりで……まぁ、夢なんですけどね。起き上がるのはいつも自宅の布団の上で、ボサボサ頭を抱えて吐き気を催しトイレに駆け込む。

ステキな彼が欲しくて毎週のように飲み会に参加しているのに、一体どうしてこんなことになってしまうのか。

目を覆いたくなるような非モテ女子の惨状でありますが、共感してしまう人は少なくないはず。

あの時どうすればよかったの?

悩みの原因を今すぐ解き明かし、明日から憧れのモテ女子に変身しましょう!

合コンでお酒ばかり飲んでいる

ひょっとしたら、何を話したらいいかわからないが故の行動なのかも知れませんが、やたらにお酒ばかり飲んでいる人がいます。

「そのカクテル好きなんだね。じゃあ、もっと頼んでいいよ」と笑って流せるレベルを超えた強い酒をかっくらう女子(という体のオッサン)に声をかけるのは、ちょっとためらうわぁ…という男性の方が多いという事実を、飲兵衛のアナタは、今ここではっきり認識するべきです。

少し周りのペースに合わせましょう。

お酒を飲んだらグチしか言わない

酔っ払うと日頃たまっているグチばかり話し続ける人は、普段の飲み会でも敬遠されます。

いわんやそれが合コンなのですから、雰囲気を考えても「こいつはないな」と認定されるコースまっしぐらです。

大勢の前でそうなのだから、二人きりになったらどんなにグチを聞かされるか想像しただけで、大抵の男性は絶対にドン引きです。

「だってツラくてツラくて、誰にも聞いてもらえないんだもん」なんて子供じみたことをいうものではありません。

あなたは「辛いかったことを共感してもらいたい」つもりでも、男性の方では「辛いなら、どうしてそれを改善できるよう自分で対処しないのか?」と考えてしまいます。

耐えられないほど過酷な労働環境にいるのならカウンセリングや行政窓口をお勧めしますが、お酒が好きで彼氏が欲しくて合コンに参加しようと思いつく間は、あなたは平均的な幸せ者です。

「自分のグチを聞いてくれる誰か」ではなく「楽しい体験を共有したい相手」を探しましょう。

どう考えても絡み過ぎ

朝までは二人で過ごせるんだけど、なんかその後が続かないんだよね……という人もこの辺りに分類されます。

席が隣同士になったりして、ふと触れ合う膝と膝、肩と手。身体的接触の活用は、相手に自分を意識してもらうために欠かせません。

ボディタッチされて気分を害する男性はそう多くないはずといっても、大勢の前であんまりベタベタされてしまっては、男性側の体面もありますし、何より女としての品性を疑われます。

よほどの美人であれば別かもしれませんが、他の男性にもこうなのかな、と思われた時点で、彼の一番の女性になることはもうほとんど不可能です。

二番手に甘んじてしまわないためにも、節度ある距離を保つことです。理性が維持できる分量だけ、お酒を飲みましょう。

TPOに合わせた忍耐勝負で狙うギャップ萌え

ただひたすら仕事のグチを聞いてもらう女子会と、彼氏欲しい人のためのイベントと、楽しくひたすらお酒を飲み続けたい飲兵衛のための飲み会は同じではないと、こうして字に並べて読めば、社会人女子なら理解できるはずです。

周りに合わせて量をセーブすると言った使い分けをしてみてはいかがでしょうか。付き合っていけばいずれは本性が見えてくることになりますが、人間は一度好意を抱いた相手にそこまでシビアな視線はモテないものです。

お酒が大好きなキミもかわいい、と思ってもらえるようになるまで、少しの間猫を被って我慢しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です