彼氏が欲しい30代アラサー女子が出会いを作るには!?

彼氏欲しい 30代

アラサーを迎えるといよいよ結婚への焦りが高まり、「彼氏欲しい」という願いも切実になってきます。

20代のときと比較するとチャンスが限られ始めるので、恋人づくりの難易度も上がります。

若さを武器にするのが難しくなったアラサー以降ですが、彼氏をゲットするのに有効な道もまだまだ残されています。

そのいくつかの方法の中で、どの方法が一番おすすめなのかを検証していきます。

出会いの機会をとにかく作ること!

年齢的に不利になっていく以上は、出会いの数で補っていきましょう。

待っているだけでも男性からの誘いも多かった10代20代とは違って、30代からは自分からどれだけ行動的になれるかが彼氏ゲットの成功要素です!

「この歳になって急に出会いが少なくなった」のは言い訳でしかありません。

年齢だけではない、自分の真実の魅力を伝えるには、積極的なアピールも欠かせないのです。

友人知人からの縁で出会う

ご縁が限られてきたアラサー女性にとって、向こうから縁を運んできてくれる友人知人の存在はとても頼りになります。

日頃から「そろそろ結婚したい」「いい人がいたら紹介してね」と言える仲であれば、思いがけない縁が訪れる可能性があります。

ただ、自分の目で見て異性を確かめるわけではないので、当たり外れも大きいのがデメリットです。
紹介してもらった人が友人である以上は無碍にもできないので、断るのに自信がなければそれなりにリスクもあります。

社内恋愛でチャンスを狙う

身近なところでの出会いといえば、他にも職場があります。

仕事でのポジションが固まってくると出会いに新鮮味はありませんが、打ち解けるまでの時間はたっぷりあるし、お互い働く姿を見ているので信頼感を抱きやすいのもメリットです。

ですが、他の大勢の同僚や上司の目が気になったり、人間関係に何かと気を使うのがデメリットです。

うわさ話や陰口、横槍などでロマンチックな恋愛どころではなくなってしまい、最悪自分の立場が脅かされる事態にもなりかねません。
リスクを極力避けたいのであれば、推奨される方法ではありません。

同好会や趣味のサークルから知り合う

縁もしがらみもなく一から新鮮な出会いを体験するなら、地域のコミュニティや趣味のサークルから人間関係を作っていくのが最適です。
新しいことを学んだり、チャレンジしながら交流を育んでいけるので、恋愛にも良い刺激になるでしょう。

注意点として、性別に偏りのあるグループに参加しても意味が無い点があります。

興味のあるサークルが見つかってもほぼ女性しかいないのでは、恋人づくりのチャンスもほぼありませんね。

かといって男性ばかりのサークルでも女性にとっては居心地が悪かったりするので、できれば男女共通して盛り上がっているグループを探してみてください。

たとえば、野外レクリエーションや食べ歩きの会などは男女問わず人気があります。

フィットネスクラブや料理サークルなども最近では男性も増えている傾向があるので、チェックしてみましょう。

スマホの出会い系アプリがおすすめ!

平日休みやサークルに通う時間がないといった事情で出会いづくりが難しい女性の場合頼りになるのが、スマホから参加できる出会い系アプリです。

男女のマッチングを最初から目的としているので、気兼ねなく異性として意識しながらの交流が図れます。

人によっては不まじめな印象も伴いがちですが、お見合いサービスや結婚相談所に近い安全性や質の高さが自慢のアプリも多数存在します。

何より、身近な人脈を伝っての出会いよりは圧倒的に知り合える人数が多く、理想的な異性と巡り会える可能性も高いのが長所です。

リアルでの出会いはあくまでも万が一の可能性として捉えて、メインは出会い系アプリを利用すれば断然効率が違います。

身近では年齢だけで見向きもされなくても、出会い系アプリには年上好きや大人の女性が好みの男性も多いので、アラサーでもチャンスはあります。

このようなアプリを使うのは初心者でどうしても心配な場合は、ネットで事前に評判や詐欺情報を調べてみましょう。

安全性が証明されていて、ユーザーが数百万人規模のアプリなら、抵抗も少ないかと思います。

まとめ

アラサーになっても、男性と付き合った経験が少なく、年齢だけでなく恋愛テクニックにも自信がない女性も見受けられます。
ですがそれも、行動で経験を積めば、だんだんとカバーできる問題なんです。

奥手なタイプの女性や異性慣れしていない人は最初は失敗も多いかもしれません。

でも、その失敗を踏み台にしてでも前に進む覚悟がなければ、アラサー以降の恋愛は難しいです。

はじめはできる範囲の一歩でも良いので、行動と実践が物を言います。

出会い系アプリがあれば、自分が行動に移したいと思った時にすぐに対応できるので、これ以上のツールはありません。

あまり時間は残されていないので、良いと思った方法は何でもチャレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です