彼氏が欲しいとつぶやく女性へ。twitterで彼氏を作る方法まとめ

彼氏欲しい twitter

恋人がいる人、いない人にかかわらず層の厚い支持ですっかり定番になっているSNS、twitterを使えば、彼氏を作る機会にも困らなそうです。

Twitterでの出会いをきっかけにリアルの友人や恋人同士の付き合いに進行するのは、現代ではよくあることです。

「すぐにでも彼氏欲しい!」と願う女性にも使い勝手の良いサービスですし、彼氏募集も抵抗なくできますね。

Twitterで彼氏募集するメリット

対面で知り合わなくても、趣味や共通の話題さえあればリプライを使って気軽に声をかけやすく、仲良くなるまでのスピードが早いのがメリットです。

そして、日本でも数千万人に認知されているおなじみのサイトなので安心感があるし、気の合う異性の見つかりやすさでもトップクラスです。

Twitter上での交流は基本的には誰に対しても公開されますが、深く親密な関係を築こうと思えば、鍵垢(非公開アカウント)やDM(ダイレクトメッセージ)で内密な会話ができます。

Twitterにもデメリットがある?

Twitterは当初はミニブログのような存在としてスタートしており、出会い専用のコミュニティではありません。

出会いが目的でおおっぴらに恋人募集している人も少なく無いですが、やはり露骨なアピールは悪目立ちしてしまう空気があります。

また、大勢の人と手軽にコミュニケーションができるとはいえ、個人的な情報を深く知るには時間がかかります。

素性を一切伏せたままのプロフィールの人も多いですし、話してみるまでは全くの手探り状態です。

異性かどうかすらよくわからないアカウントも多いので、出会いに絞って候補を探すにはけっこう不便なところがあります。

そして、Twitterで恋人募集するには、少なからずリスクもあります。

参加するのに年齢制限や身分証明など一切ないのが手軽でもありますが、真剣な出会いを探している立場からすると自分自身で素性を確認しないといけないため、不安も大きいですね。

SNSで知り合った男性が安心できるかどうかは対面してみるまでは確実とはいえないし、簡単に会ってくれる人ほど信用性には疑いも芽生えます。

ネットでの出会いに慣れていない人は安全のために、安易なデートの約束は避けることを推奨します。

恋人募集なら出会い系アプリが便利!

TwitterのようなSNSは安心感や便利さばかりが目立ちますが、異性を目当てに参加する場合決して効率がいいとはいえません。

恋人募集に特化している出会い系アプリと比較すると及ばないところももちろんあります。

お互いに出会いを前提としているサービスでは、年齢や職業など一定の個人情報が公開されているのは当たり前になっています。

わざわざ不特定多数の匿名の人物に話しかけて素性を探るよりも圧倒的に楽なんです。

サービスが充実している出会い系サイトでは、フォトコンテストやお見合いイベントなども積極的に展開されています。

こうしてみると、異性との出会いという側面では、Twitterみたいな大手SNSにも劣らない機会で溢れていますね。

女性でも初対面の男性と安全に対面できるように、身分証明によるチェックがされているのも、出会い系アプリならではです。

出会い系アプリもTwitter同様に虚偽の情報を載せていることもありますが、身分証明が確実にされているアプリを厳選していれば危険度は大きく下がります。

金銭面でも、基本的に無料で登録できるSNSと同じで、女性ならどこの出会い系アプリを使っても無料でメールや書き込みをし放題なのも嬉しいところです。

男性会員の質が高い安全なアプリさえ使っていればリスクは全くありませんし、SNSより失敗することも少なくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です